英会話教室を開業するなら青色申告を選択しよう

英会話教室を開業するなら青色申告を選択しよう

カテゴリー:英会話教室, 開業

青色申告がおすすめ

青色申告は白色申告よりも少し複雑な帳簿づけをする必要があります。

しかし、税法上、青色申告には多くのメリットがあり節税にもつながります。

青色申告メリットの例

  • 最高65万円(複式簿記を選択の場合)の特別控除が受けられる。
  • 家族への給料を経費にすることができる。
  • 赤字を3年間繰り越して、控除を受けることができる。
  • 年間300万円を限度にして、30万円未満で購入したものを一括経費にできる。

青色申告をするには、「所得税の青色申告承認申請書」を税務署に提出しなければなりません。

申請書の原本は、国税庁のホームページからダウンロードできます。

国税庁『所得税の青色申告承認申請手続

申請書は、英会話教室を開業した日から2ヶ月以内(1月1日~1月15日までに開業した場合は、その年の3月15日まで)に、納税地を所轄する税務署へ提出してください。

開業届と同様、申請書も提出用とは別に控えを用意しておきましょう。

税務署に持っていけば、その控えに受付印を押してくれます。

青色申告承認申請書の書き方

aoiroshinkoku

記入ポイント

①納税地の所轄税務署名を記入する。

②教室と自宅の場所が異なる場合に記入する。自宅開業の場合は空白で構いません。

③教室の名称と所在地を記入する。

④65万円の控除を希望する場合は、“複式簿記”を丸で囲む。

⑤65万円の控除を受けるために必要な帳簿は、“総勘定元帳”と“仕訳帳”。減価償却資産が存在する場合は、“固定資産台帳”も必要になる。