英会話教室の開業届を作成しよう

英会話教室の開業届を作成しよう

カテゴリー:英会話教室, 開業

開業届を必ず提出しよう

英会話教室を開業するなら、個人事業の開業届を必ず提出しましょう。

開業届の原本は、国税庁のホームページからダウンロードできます。

国税庁『個人事業の開業届出・廃業届出等手続

開業届を作成したら、教室を開業してから1か月以内に税務署へ提出してください。

提出先の税務署は、納税地を所轄する税務署です。

開業届は提出用とは別に、手元に保管する控えも用意しておきましょう。

これは提出用のコピーで構いません。

提出用と控えを両方とも税務署に持っていき、控えには税務署の受付印を押してもらってください。

この控えは、教室が存在する証明となるので大切に保管しておきましょう。

屋号(教室名)の銀行口座を開設するときにも、この控えを窓口の方に見せると、手続きがスムーズに進みます。

開業届の書き方

kaigyoutodoke

記入ポイント

①納税地の所轄税務署名を記入する。

②教室と自宅の場所が異なる場合に記入する。自宅開業の場合は空白で構いません。

③教室の開業日を記入する。

④青色申告を選択する場合には“有”を丸で囲む。

⑤どのような事業を行うのか記入する。